« 官能小説 人妻不倫レズSM調教 第17回 | トップページ | ギャルアナ、フジ系特番で女子高生制服姿披露 »

2004.10.22

私の大好きな生フェラ その二

私の大好きな生フェラ

究極の裏技

 ゴッゴルの裏技については、みなさん関心がおありのことと思う。
具体的な舌の使い方とか、唇の使い方や、その他のゴッゴルテクニックについては、女性向けの週刊誌に度々特集が組まれていて「主婦の画報」なんかにも図解入りで出ている。
「究極のゴッゴル」とか「図解ゴッゴル辞典」などという題名の本とかも出ているので特に私から紹介するほどのことはないと思う。
究極の裏技「声を掛けられて5分でゴッゴル」というのはきっとまだ誰も聞いたことはないと思う。
私の得意技なんだけど、どこがどう得意なのかは説明しないと判らない。
まずは服装だ。
もちろんスカートは当然ミニスカートだ。
だけどタイトスカートはだめだ。
タイトスカートの場合は、ぎりぎりに短いマイクロミニならオッケーだが、中途半端のタイトスカートは厳禁だ。
マイクロミニは理想的だが、よほどスタイルに自信がないとなかなか難しい。
一番いいのは、ちょっと短めのフレアスカートだろう。
男の子が手早くスカートの下に手をいられれるからだ。
薄手の生地はちっょと大胆すぎるので、ほどほどにしたほうがいい。
フレアスカートは、いかにもゴッゴル慣れしているという印象を与える場合もあるので要注意だ。
次にお勧めは、ミニのプリーツスカートで、誰でも一枚はもっている。
チェック柄がまあ普通だし、他にも無地の黒とかは結構いい。
他にはすぐには思いつかないだろうがラップスカートは以外と人気だ。
もちろん、前半分がうまくめくれるようになってるラップスカートだ。
ラップスカートは周囲に気づかれずにそれとなく手を入れられるのでこれはちょっと通好みだ。
あとは前ボタンのスカートなんかのボタンをわざと上の方まで外して気が付かないふりなんかしてみるのもいい。
ほとんどパンティーが見えそうなぎりぎりまでボタンを外すのはなかなか勇気がいるが、これも裏技の為には必要だ。
スラックスの場合は、ぴったりした薄い白の生地で、後ろからパンティーの線が透けて見えるのがいい。
間違ってもキュロットなどは失格。

|

« 官能小説 人妻不倫レズSM調教 第17回 | トップページ | ギャルアナ、フジ系特番で女子高生制服姿披露 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の大好きな生フェラ その二:

« 官能小説 人妻不倫レズSM調教 第17回 | トップページ | ギャルアナ、フジ系特番で女子高生制服姿披露 »