« クリスマスイルミネーションの取り付け | トップページ | 七度文庫開発日記 七度文庫人妻編のリリース »

2004.11.21

私の大好きな生フェラ その三十二

私の大好きな生フェラ

「ねえ、彩香ちゃん。何か悩み事とかあるんじゃない、困った事があったら何でも先生に話してちょうだい。きっと先生が力になって上げられると思うのよ」と優しい口調で恵美子先生が彩香ちゃんに語りかけた。
彩香ちゃんは、どうして先生がそんなことを言い出すのかすぐには理由が分からない様子で「あの、別にありません」と素っ気なく答えた。
すると恵美子先生は「お父さんはいつも何時ぐらいに帰って来るの」と話しの矛先を変えて彩香ちゃんに聞いた。
彩香ちゃんは今まで私にお父さんの事など話したことはない。
お父さんがいつ帰って来るのなんか私も知らないし、なんで恵美子先生がそんな事を聞くんだろうと思ってると彩香ちゃんは「いつ帰って来るのか判りません。だって夜中遅くにいつも」と言って途中で言葉がとぎれて締まった。
「そう、じゃあ休みの日はいつもなにしてるのかしらお父さん」とまた恵美子先生が優しい口調で彩香ちゃんを問いただした。
「お父さんは朝早く起きて、車でゴルフに行くんです。私が起きる頃にはもう出かけていないので、いつ出かけるのか知りません」と答えた。
「それに帰りはいつも遅いし、早く帰ってきてもお酒飲んでたり、会社の人と一緒だったりして家で麻雀するんです」
「麻雀するときは、夜中すぎまでやってて、うるさくてとても寝られなくて」と一気に彩香ちゃんが言い放つとまた言葉が詰まったように口を閉じた。
「じゃあ、彩香ちゃん、お父さんとはいつお話してるの。学校の事とかお話したいでしょう。運動会の事とかも」と恵美子先生に言われて彩香ちゃんは「お父さんとなんか話したことありません、お父さん私の話なんか聞いてくれないから」と涙ぐんで答えた。

|

« クリスマスイルミネーションの取り付け | トップページ | 七度文庫開発日記 七度文庫人妻編のリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の大好きな生フェラ その三十二:

« クリスマスイルミネーションの取り付け | トップページ | 七度文庫開発日記 七度文庫人妻編のリリース »