« 七度文庫開発日記 長編小説の作成 | トップページ | 七度文庫開発日記 早稲田文学に七度文庫紹介記事 »

2004.11.25

七度文庫開発日記 ココログで小説の連載

 ある日の朝ココログのタイトルを見ているとココログで小説を載せている人の一覧というページがあった。
どうゆうわけかそこには私の「官能小説自動生成ソフト制作日記」も紹介されていた。
調べてみると以前書き込んだ「自動生成された小説の例」が小説として紹介されていたのだ。
せっかく紹介してもらったのだからと、他にも「自動生成された小説の例」として短編小説を多数掲載してみた。
するとどうもアクセス解析で見る限りでは短編小説は結構人気がある様だった。
気になって調べてみると他にも小説をblogに掲載している人は一杯いた。
それで他の人達がどんな小説を掲載しているのかあれこれみて回った。
随分とたくさんの小説があり、テーマも文体も色々で中にはプロの人が書いている小説もあった。
だが大部分の人は、短編小説を数回にわたって掲載しているだけで、長編小説を載せている人はあまりいない。
それに大体の人が出来上がった分を出来たときに載せるので、いつ続きが掲載されるのかも判らないし、途中で挫折して中断してしまう人も多いようだった。
その時私はココログに小説を連載したらどうだろうかと思いついた。
七度文庫が自動生成したシナリオを元に書いた小説はかなりの長編だ、それを短く少しづつ連載小説として発表すればきっと読んでくれる人もいるに違いない。
毎日決まって掲載すれば、blogを見に来たときは必ず新しいストーリーが追加されていることになる。
これだったら読みに来てくれる人は少しづつでも増えて行くに違いない。
それに七度文庫が生成したシナリオは人間が書いたシナリオと違って、毎回変化に富んでどう展開するか判らないストーリーだ。
七度文庫が自動生成したシナリオというのは連載小説には向いているのではと考えた。
それで私は最初の小説「私のプーさん」の連載を始めることにした。
ストーリーは真面目な女子大生がホームページに自分のメールアドレスを書き込んだことから、罠にはめられてインターネットの裏の世界に引きずり込まれるという、結構怖い話しだ。
blogでの公開では、過激な官能描写は書けないので官能描写は全部省略してしまった。
七度文庫ではもともと官能描写はソフトが自動生成することになっているので、もともと私は小説の官能描写をまともに書いた事はない。
官能描写などというのは、どれも同じなので書いても疲れるだけだ。
いったいどれだけの人が私の書いた小説を読んでくれるのか、私はまったく半信半疑でいつまで連載を続けられるのか自分でも判らなかった。
暑い夏も毎朝早く起きてblogに書き込んだ。
シナリオ展開の面白さだけで小説を書くというのは、blogでの連載にはちょうど良かったようで思ったよりも読者は多くて結局2004年6月29日から10月5日まで99回連載した。
随分と長期間の連載だったので、最終回を書いた時には自分でも一安心した。
今はホームページのライブラリーにアーカイブした「私のプーさん」を載せてあるので、見たい方はダウンロードしていただければまとめて読むことができる。

|

« 七度文庫開発日記 長編小説の作成 | トップページ | 七度文庫開発日記 早稲田文学に七度文庫紹介記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580/2060285

この記事へのトラックバック一覧です: 七度文庫開発日記 ココログで小説の連載:

« 七度文庫開発日記 長編小説の作成 | トップページ | 七度文庫開発日記 早稲田文学に七度文庫紹介記事 »