« キョンキョン主演映画の豊田監督、覚せい剤で逮捕 | トップページ | 巨大なアダルトビデオショップ »

2005.08.30

室井佑月 ラブレター企画参加作品 僕の彩ちゃん

室井佑月 ラブレター企画参加作品

タイトル 僕の彩ちゃん

 夕方の7時半、僕はいつものようにお財布をもって部屋をでる。
行く先はいつものスーパー。
店にはいると、僕はすぐ入り口近くに並んだレジを確かめる。
一番手前に、彩ちゃんがいるのが見えると僕の心は一気に鼓動が高まる。
彩ちゃんはアルバイトなので、レジに立つのはいつも夕方だ。
毎日夕方買い物に行けば彩ちゃんがレジに立つ日には必ず彩ちゃんには会える。
僕は夜食のジュースと、サンドイッチを籠に入れてから通路の端からレジの列を確かめる。
彩ちゃんのレジが空いているときに、何気ないそぶりでレジの前に歩み寄るのだ。
そうしないと、ほかのレジが空いているのにわざわざ彩ちゃんのレジに並ぶのは不自然だ。
他の買い物客が、買い物を済ませてちょうど彩ちゃんのレジが空いたとき僕はすばやく、彩ちゃんのレジに買い物籠を置く。
彩ちゃんは僕を見ても他の客と同じに、両手をそろえて「お待たせいたしました」と頭をさげる。
だけど、彩ちゃんは僕がいつも彩ちゃんのレジに並ぶのをよく知っている。
僕はお財布からお金を用意する振りをしながら、彩ちゃんが値段を読み上げながらバーコードを通すのを横目でこっそりと見続ける。
まだ高校生の彩ちゃんは小柄で見た目も、まだ子供っぽいが、お化粧もしてちょっと大人ぶっている。
髪の毛を後ろの両脇で結んでいるので、見た目は中学生くらいにしか見えないが、それが彩ちゃんの魅力だ。
彩ちゃんがバーコードを済ませて、金額を告げると僕は手にした小銭を数えてレジ前の小さな受け皿に置く。
彩ちゃんは、小皿から取った小銭を数えて、レジのキーを叩くと、出てきたお釣りを私の目の前にレシートと一緒にさしだす。
この瞬間僕の胸は高鳴って心臓が止まりそうになる。
だけど勇気をだして、彩ちゃんの目を下から見上げるようにちらっと一瞬だけ見つめる。
僕の視線が丁度彩ちゃんの目と重なるとき、彩ちゃんの目がはっきりと僕を見つめている。
二人の視線が遭ったほんのわずかの瞬間に、至福の時が僕の心の中で止まる。
彩ちゃんは僕がお金を受け取るとき、彩ちゃんの目をほんの一瞬だけど見つめるのをよく知っている。
だから、僕がお金を受け取るときかならず、僕と目を合わせる為に、彩ちゃんも僕を見つめ返してくれる。
もちろん僕はただのお客さんだから、彩ちゃんは表情一つ変えない。
ただおお釣りを渡しているだけのそぶりで、二人の秘密を他の誰にも気がつかれないようにしてるんだ。
だけど僕は知っている。
彩ちゃんは僕が買い物に来るのを毎日待っていてくれてるのだ。
そして僕が彩ちゃんの目を見上げて瞳を見つめたとき、心の中では笑顔で僕と目と遭わせてくれるんだ。
可愛らしい瞳の奧には、彩ちゃんの素直な気持ちがいつも微笑んでいるのだ。
彩ちゃん、僕は明日もきっとこの時間に買い物に来る。
そしてその次の日も、その次の日も。
彩ちゃんも僕を待っていてくれているから。
だから僕は毎日スーパーに買い物に行かなくちゃいけないんだ。
彩ちゃんの瞳の見つめるだけで、僕は本当に毎日が幸せで、他に嫌なことなんて何もないんだ。

|

« キョンキョン主演映画の豊田監督、覚せい剤で逮捕 | トップページ | 巨大なアダルトビデオショップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580/5703214

この記事へのトラックバック一覧です: 室井佑月 ラブレター企画参加作品 僕の彩ちゃん:

« キョンキョン主演映画の豊田監督、覚せい剤で逮捕 | トップページ | 巨大なアダルトビデオショップ »