2012.05.03

彩香スペシャル~ロボット三姉妹 あらすじ、登場人物

この小説は官能小説自動生成ソフト七度文庫が自動生成したシナリオを元に書き下ろした長編小説です

有紀と彩香ちゃんと江実矢君そっくりのロボットを作ったけど故障で動かない。仕方なく三人がロボットの振りをして大騒動。タコイーカ財団に誘拐されてロボット実験場に閉じこめられて逃げられない。

あらすじ

 彩香ちゃんの家庭教師の勇二君に頼まれて、有紀と彩香ちゃんと江実矢君の三人は三次元スキャナーで体型を測定した。
 勇二君の研究室で三人にそっくりのロボットを作ってロボットダンスコンテストに出場させると見事優勝してしまった。
 テレビ局のディレクターの目に留まって、ロボット三人組を歌手デビューさせる事になった。だけどロボットは故障してしまったので、生身の人間の三人がロボットの代役をすることになった。
 テレビの生放送でメイド喫茶に出演したあと三人は、タコイーカ財団に誘拐されてしまう。タコイーカ財団は戦闘用のロボットを開発中で、三人がロボットだと思いこんでる。 地下のロボット実験場に閉じこめられた三人は、四つ葉学園で他のロボットの女の子と一緒に毎日授業を受けた。四つ葉学園には先生が一人しかいなくて、授業は毎日数学とパソコンの授業だけ。
 三人は何とか逃げ出そう試みたが地上に出たと思っても、地下の実験場の別の場所に出るだけで地上にはなかなか戻れない。
 三人を探して地下のロボット実験場に降りてきた勇二君と協力してなんとか脱出して地上に戻った。だが地上にはもうタコイーカ財団からお追っ手が待ちかまえてる。怪しげな店に逃げ込んだ三人を女王様が鞭を持って待ちかまえてる。
 彩香ちゃんの首が鞭でたたき落とされると彩香ちゃんの首からはアルミの骨組みと配線のコードが見えた。気が付いたとき彩香ちゃんは勇二君の大学の学園祭のお化け屋敷の中で気を失っていた。彩香ちゃんは長い夢をみていたんだ。

登場人物

彩香ちゃん
 小学校では男の子に恐れられた必殺技「彩香スペシャル」の使い手。数学が苦手なので家庭教師の大学生の勇二君に習ってる。

有紀
 彩香ちゃんの親友で江実矢君とも小学校の時からの同級生。

江実矢君
 お爺ちゃんがロシア人で、肌の色も白くて眼も青い。小学校の時は虐められていて彩香ちゃんにいつも助けてもらっていたので、彩香ちゃんには頭が上がらない。バックフリップが得意なので無理矢理チアガールをやらされちゃう。

勇二君

 彩香ちゃんの家庭教師で大学の工学部の学生。三次元スキャナーで彩香ちゃんと江実矢くんと有紀三人そっくりのロボットを作る。

| | コメント (0)